生後9、10、11カ月:離乳食後期の基本と簡単おすすめレシピ7選

生後9カ月を迎え、食べる意欲があり、モグモグできていたら3回食を始めます。この記事では、生後9、10、11カ月の離乳食後期の簡単おすすめレシピなどを紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

生後9、10、11カ月頃の離乳食の基本

離乳食後期は、3回食になり、食事から摂る栄養がぐんと増えます。生後10カ月ごろからは、なるべく家族と一緒にごはんを食べるようにして、食べる楽しさを教えられるようにしましょう。

赤ちゃんの様子

食べ物を舌で奥の歯茎に移動させてカミカミできるようになります。下が前後・上下だけではなく、左右にも動かせるようになり、大人に近い食べ方になります。

固さ・大きさの目安

歯茎で潰して食べるため、固さの目安はバナナの固さです。根菜などは十分にやわらかく煮ましょう。大きさは、3~5mmの歯茎に乗る大きさが目安です。

食べられるものと量

1日3回食。食材の味を覚える時期なので、味付けなしが基本の離乳食ですが、生後9カ月以降は少量の塩、しょうゆ、みそが使えます。まだ毎食味付けの必要はありませんが、味の変化をつけたい時などに効果的に使いましょう。
また、食べられる食材の種類が増え、豚肉、牛肉、青魚なども食べられるようになります。鉄分が不足しやすい時期なので、レバー、ほうれん草、豆、牛肉などの鉄分が多い食材も積極的に与えましょう。

離乳食と授乳の割合

生後9カ月の初めごろは、約50%母乳やミルクから栄養を摂っていますが、後半になると約30%まで減り、離乳食から得る栄養が約70%まで増えます。とはいえ、まだ母乳やミルクから摂る栄養も大切ですので、飲ませてOKですが、離乳食後の授乳は、飲まないなら無理して与えなくてもよいでしょう。

生後9、10、11カ月頃の離乳食の進め方

最初は主食・主菜・副菜を合わせて子ども茶碗7分目くらいから始め、徐々に増やしていきます。11カ月の終わりくらいには子ども茶碗1杯弱~強になるようにします。ただし、食べる量には個人差がありますので、赤ちゃんのペースに合わせて進めましょう。

**<食材別 1回あたりの目分量>**
3つの栄養素から最低1つ食材を選び、メニューを作ります。

◎炭水化物…5倍がゆなど大さじ6(90g)~軟飯子ども茶碗1杯弱(80g)
◎タンパク質…魚の切り身1/5切れ(15g)、または肉 大さじ1(15g)、または豆腐1/7(45g)、または全卵1/2個、またはヨーグルト80g
◎ビタミン…野菜・果物30~40g

基本のおかゆの作り方

毎日食べるおかゆは、なるべく手短に作りたいものです。大人用のごはんを炊いたあと、そのごはんを使ってすぐに作れるおかゆの作り方をご紹介します。
2食分のレシピなので、多めに作って冷凍しておきましょう。

お鍋で5倍がゆ

①鍋にごはん(炊きあがったもの)1/2カップと水1カップを入れます。
②ごはんをほぐして蓋をし、弱火にかけます。
③沸騰後、弱火で15分煮ます。ごはんがやわらかくなったら火を止めて、7分ほど蒸らします。

レンジで5倍がゆ

①耐熱容器にごはん(炊きあがったもの)1カップと水1カップを入れます。
②ふんわりとラップをかけ、約3分加熱し、そのまま5分ほど蒸らします。

簡単おすすめレシピ

3回食になり、レパートリーに悩むママも多いのではないでしょうか。なるべく簡単に、且つおいしくて栄養豊富なメニューをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

炭水化物のメニュー

**<ブロッコリーとトマトのチキンピラフ>**
①ブロッコリーの小房2個は茹で穂先のみ粗く刻み、玉ねぎは粗みじん切り、トマト1/8個は7mm角に切る。
②鶏むね肉1.5cm角1個は細かく切る。
③バター小さじ1で②①の順に炒め、野菜スープ大さじ2を加えてやわらかく煮る。
④5倍がゆ大さじ3を加えて混ぜ合わせる。

**<ほうとう風うどん>**
①ゆでうどん3~4本は茹で、長さ1cmに切る。
②かぼちゃ2cm角1個は7mm角、にんじん1mmと玉ねぎ1/8個は粗みじん切りにする。
③豚薄切り肉1/3は細かく刻んでさっと茹でる。
④鍋にだし汁2/3カップ、②③を入れ、ひと煮立ちさせ、しょうゆを少々加える。

**<ほうれん草とチキンのパスタ>**
①パスタ5本は茹で、長さ1cmに切る。
②ほうれん草の葉先4枚は茹でて水にさらし、5mm四方に切る。
③鶏ひき肉小さじ2はほぐしながら水から茹でる。
④①②③を混ぜ合わせる。

タンパク質のメニュー

**<鮭とじゃがいものグラタン>**
①じゃがいも1/10個は8mm角に刻んで茹でる。ブロッコリー小房1/2個は茹で穂先のみ刻む。
②生鮭1/5切れは茹でてほぐす。
③サラダ油少々を熱したフライパンで、みじん切りの玉ねぎ大さじ1、みじん切りのしめじ1本を炒める。
④片栗小さじ1を豆乳大さじ3で溶いて加え、とろみをつける。
⑤耐熱容器に①②を入れ、③を乗せてオーブントースターで約3分焼く。

**<白身魚の磯辺焼き>**
①鯛の刺身2切れは半分に切り、青のりを少々まぶす。
②サラダ油少々を熱したフライパンに、①を入れて両面焼く。

ビタミンのメニュー

**<大根とキャベツのおかか和え>**
①大根3cm角1個とキャベツの葉先1/4枚は7mm角に切り、電子レンジで約2分加熱する。
②①にかつお節少々を加え、電子レンジで約20秒加熱する。

**<切り干し大根のうま煮>**
①湯でもどした切り干し大根数本と水でもどした芽ひじき小さじ1は細かく刻んで茹でる。
②7mm角に切ったじゃがいも大さじ1/2、4mm角に切ったにんじん大さじ1/2は茹でて細かく刻む。
③鍋に①②だし汁大さじ3を入れてひと煮立ちさせ、しょうゆを1滴加える。

まとめ

離乳食後期になると、大人のメニューを作る際、味付け前に取り分けておくと、楽に離乳食作りができるようになります。ですが、毎食毎食しっかり料理するのは大変です。多めに作って冷凍したり、たまにはベビーフードに頼るなど、上手く手を抜きながら進めましょう。子どものごはん作りは、この先ずっと続くものなので、ママも楽しんでできるようになるといいですね。

コメントする

CAPTCHA