生後5、6カ月:離乳食初期の基本と簡単おすすめレシピ7選

生後5カ月が過ぎ、赤ちゃんの準備が整ったら、いよいよ離乳食がスタートします。この記事では、離乳食の基本とおすすめレシピなどを紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

生後5、6カ月頃の離乳食の基本

離乳食は、大人と同じものを食べられるようになるための練習を目的とした食事です。5、6カ月ごろは、食べやすいものをゴックンと飲み込めるようになるのが目標です。

赤ちゃんの様子

このころの赤ちゃんは、首がしっかりとすわり、支えてあげればお座りができるようになります。よだれが出たり、パパやママの食べているものに興味を示します。まだ歯が生えそろっていないので、噛むことはできません。最初は口からこぼしたりしますが、そのうちごくんと飲み込めるようになります。

固さ・大きさの目安

はじめは、ゆるめのポタージュスープくらいが目安です。次第になめらかなペースト状、マッシュ状と変化させましょう。水分が足りないと飲み込めないので、おかゆに混ぜたり、だし汁でのばしてあげましょう。

食べられるものと量

1日1回食。おかゆ、やわらかい野菜、豆腐などが食べられます。1品ひとさじから始め、徐々に増やしていきます。

離乳食と授乳の割合

この頃は、未だ栄養のほとんどを母乳・ミルクから摂っていますので、授乳回数は1日5~7回が目安ですが、飲みたがるだけ与えてOKです。1日の合計は1000mlくらいです。

最初の一カ月の進め方

進め方は一例です。食べる量は赤ちゃんによって違うので、無理せず進めましょう。

**<一週目:おかゆに慣れる>**
一週目は、おかゆは小さじ1から始めて徐々に量を増やし、週の終わりには小さじ3くらいにしましょう。

**<二週目:野菜に慣れる>**
二週目は、おかゆを小さじ3~4+野菜を与えましょう。野菜も初めは小さじ1から始めますが、同じ種類の野菜なら徐々に量を増やしてOKです。新しい食材は小さじ1から始めましょう。

**<三週目:タンパク質に慣れる>**
三週目は、おかゆ小さじ3~4+野菜小さじ2~3+タンパク質を与えましょう。タンパク質は慎重に進めたいので、他の食材は慣れたものにします。1~2日様子を見て、問題がないようなら種類を新しいものに変えてOKです。

**<四週目:タンパク質の種類を増やす>**
四週目は、おかゆ小さじ4~5+野菜小さじ2+タンパク質小さじ2を与えましょう。タンパク質に慣れたら、この週でもう一種類のタンパク質にチャレンジしましょう。タンパク質も、新しい食材は小さじ1から始めます。タンパク質は1種類以上与えないように注意しましょう。

基本のおかゆの作り方

毎日食べるおかゆは、なるべく手短に作りたいものです。大人用のごはんを炊いたあと、そのごはんを使ってすぐに作れるおかゆの作り方をご紹介します。
10食分のレシピなので、多めに作って冷凍しておきましょう。

お鍋で10倍がゆ

①鍋にごはん(炊きあがったもの)大さじ3と水1カップを入れます。
②ごはんをほぐして蓋をし、中火にかけます。
③沸騰後、弱火で15分煮ます。ごはんがやわらかくなったら火を止めて、7分ほど蒸らします。
④すり鉢で潰し、なめらかなペースト状にします。慣れてきたら、徐々に粒を残すようにしましょう。

レンジで10倍がゆ

①耐熱容器にごはん(炊きあがったもの)大さじ3と水1カップを入れます。
②ふんわりとラップをかけ、約6分加熱し、そのまま5分ほど蒸らします。
③すり鉢で潰し、なめらかなペースト状にします。慣れてきたら、徐々に粒を残すようにしましょう。

簡単おすすめレシピ

最初の一カ月は、初めての食べ物に慣れるため、消化がよくアレルギーを起こしにくい食材をペースト状にし、食材同士を混ぜずに与えます。
その後、慣れてきたら、複数の食材を混ぜ合わせ、いろいろなメニューにチャレンジしてみましょう。

炭水化物のメニュー

**<かぼちゃがゆ>**
①かぼちゃ3cm角1個は、小さく切って電子レンジでやわらかくし、お湯でのばします。
②10倍がゆ大さじ1と混ぜます。

**<バナナパンがゆ>**
①8枚切りの食パンを半分、みみを取ってちぎり、お湯大さじ3を加えて電子レンジで約1分加熱してすり潰します。
②バナナを2cmの厚さに切ってすりつぶし、パンと混ぜます。

**<ブロッコリーのうどんがゆ>**
①ブロッコリーの小房半分を茹で、穂先のみをすり潰します。
②ゆでうどんを1本刻み、ゆでてすり潰します。
③だし汁大さじ2を加えてのばし、ブロッコリーをのせます。

タンパク質のメニュー

**<白身魚とさつまいものとろあえ>**
①白身魚の切り身を少量茹でて、皮と骨を取り、潰します。
②さつまいもは3mmの厚さに切って水から茹でてすり潰し、白身魚と混ぜ、お湯でのばします。

**<白菜と豆腐のだしあえ>**
①白菜の葉先少量を電子レンジで約40秒加熱します。
②絹ごし豆腐1.5cm角1個はラップをかけずに電子レンジで15秒ほど加熱し、白菜とともにすり潰します。
③だし汁大さじ1と水溶き片栗粉を少々加えて、電子レンジで約20秒加熱します。

ビタミン質のメニュー

**<小松菜のバナナあえ>**
①小松菜の葉先1枚は電子レンジで約15秒加熱してすり潰し、お湯を加えてポタージュ状にします。
②バナナ3cmをすり潰し、小松菜と混ぜます。

**<トマトとブロッコリーのペースト>**
①トマト1/6個は湯むきし果肉のみを取り出してすり潰します。
②ブロッコリーの小房を1個茹でて穂先のみをすり潰します。
③野菜スープ小さじ2、水溶き片栗粉少々とトマト、ブロッコリーを耐熱容器に入れて混ぜ、電子レンジで約20秒加熱します。

まとめ

このころの赤ちゃんが食べる量は少量なので、大人の食事を作成する時に味付け前の食材を取り出したり、まとめて作り置きしたりすると楽できます。
赤ちゃんによって進み方はさまざまなので、焦らずのんびりと、赤ちゃんのペースに合わせて進めましょう。

コメントする

CAPTCHA