宅配弁当を利用して楽しよう!宅配弁当についての情報まとめ

現在はフードデリバリーサービスが発達し、ファストフードから和食、イタリアン、定番の寿司やピザに至るまで、ありとあらゆるお店の食事を、自宅で食べることができます。今回は、その中でも宅配弁当にスポットを当てて紹介します。実際に食べてみたレビューもありますので、ぜひ最後までご覧ください。

宅配弁当を利用する理由

実際に宅配弁当を利用している人は、どのような理由で利用しているのでしょうか。調査した結果、以下のような理由があるようです。

・産前、産後で家事をするのが困難だが、栄養のある食事を摂りたい。
・体調不良のため、一時的に利用したい。
・高齢や病気の親のために栄養バランスのとれた食事を手配したい。
・多忙により、買い物や料理、後片付けをする手間を省きたい。

各社の宅配弁当情報とレビュー

宅配弁当は、大手チェーン店から地元密着型の店舗まで、さまざまな店舗が行っています。今回は、全国展開している2社の情報をお届けしますので、ぜひ、数ある宅配弁当選びの参考にしてみてください。

セブンミール

セブンイレブンの宅配弁当です。最寄りのセブンイレブンから、手渡しで届けてくださいます。白米・麦米・雑穀米(関東限定)からごはんを選ぶことができます。肉のメニューと魚のメニューから選ぶことができます。
セブンイレブンのおいしいスイーツも一緒に食べることができるのも嬉しいポイントです。

**<商品>**
宅配弁当の他に、ミールキット、飲料・食品、お酒、ティッシュなどの生活雑貨も注文することができます。
**<価格>**
日替わり弁当540円(税込み)、日替わりおかずセット540円(税込み)と比較的安価です。
**<注文方法>**
365日24時間いつでも注文できます。
1日単位の利用か1週間単位での利用か選択することができます。
メニューは、自分の好きな宅配弁当を選ぶか、おまかせにするかを選択できます。
日替わり弁当・日替わりおかずセット・ミールキット・鍋物の注文締め切りは、受け取り日の3日前の午前10時30分です。それ以外の商品は、受け取り日前日の午前10時30分です。
**<安全性>**
保存料・合成着色料を一切使用しておらず、厳格な衛生・品質管理基準のもとで製造されています。すべての商品に対して、原材料の産地や生産過程が分かるように管理されており、安全性は高いです。
**<配送料>**
216円(税込み)です。3,000円以上の注文で配送料無料になります。
**<入会金・年会費>**
無料です。
**<最低注文額>**
1,000円(税込み)以上です。
**<レビュー>**
味はおいしいです。肉系のお弁当の種類が多く、男性にも好まれるラインナップです。 他の宅配弁当に比べると、味付けが濃いので、若年層にもおすすめです。不在時の留め置きができないため、配達時は必ず在宅していなければならないのがやや大変でした。

コープ・生協のお弁当宅配

コープ・生協の宅配弁当です。基本的に手渡しとなっており、利用者の異変に気付いた場合は、行政などの緊急連絡先へ連絡するなど、地域見守り活動にも力を入れています。
高齢者を意識したメニューも豊富にあるので、一人暮らしの高齢者の方へもおすすめしたいですね。

**<商品>**
お弁当コース・おかずコースから選択できます。店舗によっては、介護・健康食、サイドメニューもあるところもあります。
**<価格>**
500円~700円です。量が少ないので、少々割高に感じます。
**<注文方法>**
週単位での注文です。月曜日から金曜日の週5日が基本となっていますが、店舗によっては週3日も選択できます。1日単位での注文はできません。
メニューは、おまかせです。
**<安全性>**
食への安全性の取り組みは、各々の販売元によって違うとのことですが、独自の商品検査センターを持ち、検査の様子も公開しています。概ね安全だといえるでしょう。
**<配送料>**
無料です。
**<入会金・年会費>**
出資金(500円~1,000円)の支払いをして組合員になる必要がありますが、組合員をやめる時に返金されます。
**<レビュー>**
全体的に薄味で優しい味付けで量が少ないので、高齢者や塩分を気にしている方におすすめです。一食当たりの品数が多いのも嬉しいです。やや単調な味付けなのと、揚げ物がベトッとしてしまっているのが残念でした。不在時は、発砲スチロールに入れて留め置きしてもらえるので、多忙な時は助かりました。

まとめ

料理や後片付けの手間を省くことのできる宅配弁当は、おいしいだけではなく、栄養バランスも考えられているので、とても便利です。さまざまな店舗の宅配弁当を試して、自分好みの味を探してみてもいいですし、数店舗ローテーションで頼んでみてもいいですね。

現在は、宅配弁当だけではなく、フードデリバリー、料理キット、食材宅配、ネットスーパーなど、自宅にいながら食べる手段がたくさんあります。ご家庭にあったサービスを選び、食の選択肢を広げてみましょう。

コメントする

CAPTCHA